しりかい アイトレーニングで視力回復大作戦 作戦本部

しりかいへようこそ!

(画像)

ようこそいらっしゃいました!
ここは、「アイトレーニングで視力回復大作戦」通称「しりかい」の作戦本部です。
私は、あなたの案内役の春華(しゅんか)です。よろしくお願いしますね。

 

この作戦に参加することで、あなたやあなたの家族の視力が見事回復するでしょう。ぜひ、作戦に参加してくださいね。


しりかいとは

今回の作戦コードネームが「しりかい」です。視力回復の略です。
上で私に似た誰かが尻をかいているように見えるのは気のせいですよ。えぇ、断じて気のせいです。

 

作戦名:アイトレーニングで視力回復大作戦

あなたもここに来たばかりで右も左もわからないと思うので、まずは「しりかい」の作戦目的をお話しておきますね。

 

しりかいは、「アイトレーニング」という未知の新技術を用いて、対象の視力を回復させることを目的としています。
なお、作戦決行日は今日です(笑)
あなたがここ作戦本部に到着した本日現刻をもって作戦行動開始となりました。
なにがなんだかわからないだろうけど、とりあえずがんばって作戦目的を達成しましょうね♪

 

あ、ロビーじゃ落ち着いて話せないですからブリーフィングルームに移動しましょう。
そこでゆっくり説明ますね。

 

アイトレーニングとは

(画像)
[作戦本部3F ブリーフィングルーム]

 

さぁ、私とあなたの2人しかいないから、一番前に座ってくださいね。
んじゃ、まずアイトレーニングについてざっと説明します♪

 

現在の医療現場では一度下がった視力は回復できないということになっているんですけど、アイトレーニングという未知の新技術ではそれが可能になっているらしいのです。
残念ながら原理は今のところ不明です。

 

開発したのは「日本アイ・トレーニング視快研(しかいけん)」という組織と思われます。これもまだ裏取りは出来てません。
アイトレーニングについては多くが秘匿されていて、ここ作戦本部でも断片的な情報しか集まってないんです。

 

ここまでいいですか?

 

結局のところ、私たちは肝心の視力を回復する原理がわかっていないので、アイトレーニングのことはほとんど分かってないっていっても過言ではないでしょうねー。たはは・・・。

 

日本アイ・トレーニング視快研

(画像)
これが、視快研のものと思われるトレードマークです。
覚えておいてくださいね。

 

それで、ここからが本題なんですけど、視快研も一枚岩ではないようなんです。

 

ネットでは大きく2つの方式が流通しています。
ここ作戦本部では便宜上「田中式」「出口式」と呼称しています。

 

それぞれの代表が田中氏、出口氏なのですね。
写真の入手には成功しています。一応顔は覚えておいてください。

 

これです。
(画像)
田中氏近影

 

(画像)
出口氏近影

 

あなたの役割

 

だいたい場の状況は理解できたと思います。
ここで、あなたの立ち位置を説明しますね。

 

あなたには、このアイトレーニングが危険な技術じゃないかを確認していただきたいのです。
そして、実際に効果があるのか/ないのかを実証してほしいのです。
手段は法の範囲であれば問いません。

 

なるべく時間をかけずに一定の結論を導いてほしいというのが、作戦本部側の要望です。
あなたの作戦行動には、助手として私が同行します。

 

説明は以上です。
なにか質問はありますか?

 

・・・・・・

 

いえ、それは秘密です。

 

・・・・・

 

それも秘密です。

 

・・・

 

はい。もう終わりでいいですね!まったく。

 

それじゃ、これからよろしくお願いしますねー。

 

作戦コードネーム:
しりかい

 

あなたのミッション:
アイトレーニングが危険な技術じゃないかを確認する
実際に効果があるのか/ないのかを実証する

 

作戦行動開始

(画像)
さ、じゃぁとりあえず何から始めましょうか?

 

さらに詳細を確認する

(画像)

 

アイトレーニング(田中式)公式ページ

 

アイトレーニング(出口式)公式ページ

 

口コミを探してみる

(画像)

それでは、さっそく実践者の情報を集めに行きましょう!

 

あ、この格好ですか?
実は普段は制服なんて着てないんです。さっきはあなたが来るっていうので最初の印象は大事かなーって、ですから上の尻をかいてる人は私では、、、ないです!
あれを第一印象ってやめてくださいよ。ほんとに。

アイトレーニング実践者の声(口コミ)を集める

さてさて。。どうしたものでしょうか。

 

まずは、アイトレーニングの公式サイトにでも行ってみましょうか♪

 

(画像)
田中式公式サイト

 

(画像)
出口式公式サイト

 

田中式公式サイトでの実践者の口コミ

今日、学校で視力検査がありました。
おかげ様で両目ともA*判定でした。
本当にありがとうございました。

 

一か月前、右0.5、左0.4だったのが、右0.8、左も0.8になっていました。
トレーニングの成果が出て嬉しく思ってます。

 

アイトレーニング申し込み、1/6〜1/12の1週間実施後右0.85 左0.75 両目1.0
何と申し上げてよいのやら、お陰様でここまで効果が出ました。
本当にありがとうございます。
息子もよろこんでおります。

 

右⇒1.0 左⇒1.5 両目⇒2.0 になりました!!
トレーニングの即効性に驚いています!!

 

右、左だいたい0.3程度しかありませんでしたが、
右0.6 左0.7になっていました!!
先生に視力回復のアドバイスのおかげです。ありがとうございます。!!!

 

びっくりしました。
子供の視力がD D から B C にあがりました。
ありがとうございしまた。

 

あ、あの・・・・・
口コミが、めちゃめちゃ載ってるんですけど(汗)

 

え?全部読むんですか?
うひーっ!

 

出口式公式サイトでの実践者の口コミ

(画像)

(画像)

(画像)

 

こ、こっちもめっちゃありますよ。口コミ・・・・・。
もう十分じゃないですか・・・?
うひっ!やっぱり全部読むんですかぁ(泣)

 

公式サイトの口コミの信ぴょう性

思ったんだけど、公式が準備した口コミって、そもそも口コミとは言わないですよね(笑)
極端に悪い内容はわざわざ載せないでしょうし。

 

公式では利用者の声を手書きのまま載せていたり、メールの画面をそのままキャプチャ(?)したりしてるから、掲載してる分については信頼できると思いますね。

 

まー、こんだけ好印象の口コミが山のようにあるんだから、もう十分な気もしますけどねー。
え?ダメ?やっぱり?

 

公式以外の口コミを探す

(画像)
ところで、口コミなんてどこに集まってるんでしょうねー。
物販みたいのなら、アマゾンとか楽天とかの通販サイトのレビュー欄に集まっていそうですけど・・・。

 

そもそも公式以外では販売してないみたいだしなぁ・・・・。

 

うん。無理ですね。これはあきらめましょう。
公式以外で口コミを投稿する場所なんてないですもん。

 

・・え?ある?

 

・・・・・・まさか。

 

実践者のブログを個別に探す

うそん!
ググって探せってことー?

 

ううう・・・・ググるか。

 

アイトレーニング開始後、ピュッと上がったんですが、その後は上下の波があり。
上がったり下がったりを繰り返しました。
ただ、トレーニング自体はずっと同じペースで続けていて、
子ども自身が「あれ?なんか前よりも見えるかも…?」と実感したのは4ヶ月後。
学校の検眼もクリア。視力はB判定までになりました。
多くのトレーニング方法がそうであるように、継続しなければ定着しないだろうし、
効果にはきっと個人差もあります。
でもわが家の場合は、続けることで0.3→0.9へ。
下がってしまった子どもの視力が回復していく可能性はあるんじゃないかと思います。

 

息子の視力が半年間で0.4から1.2に回復!
「視力は回復しない」という固定概念があったので、正直かなり驚きましたが、半年間で0.4から1.2まで視力が回復しまいた!
基本的には、アイトレーニングの付属の視力検査用紙を使って自宅で視力を測っていたのですが、トレーニング開始1週間で最初は見えなかった部分(0.5以上)が徐々に正解できるようになってきました。

 

くらいかなー。
結局、地道に続けていれば結果はついてくるって感じなんですねー。
まぁ体のことだもんね、そりゃそうか。

 

アイトレーニングの口コミをまとめると

(画像)

  • 実際に視力が回復する
  • 数か月の地道なトレーニングが必要
  • 変化は数日から1週間程度で現れる場合も

 

って感じでしょうか。

 

いやー、いろいろ読むの疲れちゃった。
ほらー、結局公式の公式以外も評判は同じだったじゃないですかー。
いたっ!
(画像)
ちょっとー、オデコたたかないでくださいよー。
まゆが消えたらどーするんですか。

 

さらに詳細を確認する

(画像)

 

アイトレーニング(田中式)公式ページ

 

アイトレーニング(出口式)公式ページ

 

アイトレーニング視快研での視力回復のやり方を解説

(画像)
ネットで購入可能なアイ・トレーニング視快研の教材は、田中式と出口式の2種類があります。
これらの教材ではどんなやり方で視力を回復していくのでしょう。これは決して魔法ではありません。

 

ここでは具体的な方法を解き明かしていきましょう。

 

田中式と出口式

これは我々「しりかい」が集めた情報を基にした推測なのですが、まず基礎となる視力回復技術を開発し、実店舗をフランチャイズ展開しているのが「日本アイ・トレーニング視快研」です。

 

そして、それをネットに販路を広げたのが今回の「田中式」。
田中式を独自に発展させたものが「出口式」。

 

と我々「しりかい」では把握しています。
図にするとこんな感じでしょうか。

 

(画像)

 

「日本アイ・トレーニング視快研」がもともとの視力回復技術「アイトレーニング」を開発。実店舗にて生徒を集めて実践を行っています。全国にフランチャイズ展開しているようです。

 

あるとき田中氏が、この技術を店舗だけではなく通販でも行えるように「田中式」を整備したものと思われます。
ですので、田中式は基本的にアイトレーニングとイコールだと考えられます。

 

その後、出口氏がアイトレーニングを独自に発展させ「出口式」として販売していると推測。出口式は、アイトレーニング+αの存在だと考えています。

 

いずれにしても根底は同じく視力回復技術「アイトレーニング」です。

 

視力が回復する理由

(画像)

治療ではなくトレーニング

「アイトレーニング」は、その名前の通りトレーニングです。
治療ではなくトレーニングだという事を強く意識しましょう。

 

風邪をひいたときみたいに、薬やサプリを飲んで暖かくして寝れば勝手に視力が回復するというものではないのですね。
ダイエットのように日々の運動や生活習慣の改善など、総合的な活動の結果として視力が回復するわけなのです。

 

つまり!本人の努力が必要不可欠なのです。
視力回復が失敗する人は、まずここに気が付いていません。

 

視力回復を担う、筋トレと脳トレ

視力を構成するのは、目の周りの筋肉と映像を処理する脳の2つです。
「アイトレーニング」は、筋トレと脳トレの双方からアプローチして、視力回復へ導きます。

 

挫折しない工夫がアイトレーニングの価値

毎日の地道なトレーニングは、子供はもとより大人でも飽きてしまうもの。
そして、少しずつさぼりだして結局挫折してしまうのです。ありますよね、そいうの(汗)

 

視力回復でもっとも大事なことは「継続すること」なんです。
逆に言えば継続して「習慣化」に成功してしまえば、結果は勝手についてくるでしょう。
「継続できる」工夫を凝らしている点が「アイトレーニング」の真価といえます♪

 

視力が回復するやり方

(画像)

まずアイトレーニング視快研に関連する映像を2本観てもらいましょう。
どのようなやり方で視力が回復していくのかが具体的に詳細されています。
この映像は上で説明した「日本アイ・トレーニング視快研」の視力回復技術に関するものなので、考え方は「出口式」「田中式」のどちらにも当てはまります。

 

それではどうぞ♪


 

どうでしたか?
この映像の中で、実際のトレーニングの様子が一部紹介されていましたよね。
この原理を利用して「出口式」「田中式」では大掛かりな装置や遊具を使わなくても家庭で簡単にトレーニングを再現できるような教材が準備されています。

 

実際の教材の内容

「田中式」も「出口式」も基礎となる視力回復技術に部分は共通しています。
大きな違いは「家庭での簡単にトレーニングできる」という部分に関する取り組み方です。

 

一言でいうと「田中式」シンプルで分かりやすい教材、「出口式」豊富で飽きずに続けられる教材です。

 

「田中式」の教材一式

(画像)
アイトレーニングコンプリートキット

 

(画像)
「みるみるよくなる視力アップ法」
幼いお子さんでも楽しく続けられる楽しいトレーニングミュージック入りCD−ROM

 

※CD-ROMはデータファイルですのでPCでのみ閲覧可能で一般CDプレーヤーでは再生しません。
CD−ROMの内容は発送時同封してある印刷版マニュアルとスマホで再生できるよう会員専用サイトからダウンロードできるため、PCをお持ちでない方でも支障なくトレーニングを続けていただけます。

 

(画像)
「視力チェック表」
自宅にいながら簡単にトレーニングのチェックができます。
毎日のトレーニングの実践状況を管理するために使います。
規則正しくできている子はやはり視力回復しやすく安定しています。

 

このチェック表をしっかり使いこなせることができるかどうかが、視力回復成功のカギになってきます。

 

自宅で視力が測れるよう視力チェック表(A4サイズプリントアウト版)もついています。

 

(画像)
家で簡単にできるトレーニング用シート

 

(画像)
「ブロックストリングス」
視力回復グッズですね。
単なる冊子によるノウハウの提供では再現性が低くなってしまうので店舗でも補助的に使用していてその効果が確認できている視力回復グッズ・ブロックストリングスを用いています。

 

これを使ってトレーニングを行えば お子さまの視力は効果的によくなってくることでしょう。
(ブロックストリングスはケースではなく、簡易包装で発送。)

 

どうでした?
「田中式」の教材一式でした♪
これでも十分な気もしますね。

 

「出口式」の教材一式

 

出口式教材の紹介の前に、出口式でも取り入れられているトレーニングの実際の様子を映像で観てみましょう。

どうでした?
出口式の教材では映像で紹介されていたトレーニングも自宅で行える様に教材が用意されているのです。

 

(画像)

 

教材の内容

・アイトレーニング(3種)
視野拡大のために眼球が滑らかに動くようにするトレーニングに使います。

 

・ナンバータッチ用シート(3種:初級・中級・上級)
眼と手の協調性、周辺視野拡大、瞬間視といったイメージ脳活性化トレーニングに使います。

 

・ピントアップ・ナンバータッチ(1枚)
通常のナンバータッチに、更に瞬間的なピント調節を鍛えるトレーニング使います。

 

・ブレイン・ナンバータッチ(1枚)
3種の十字、文字を瞬時に判断しながら順番にタッチすることで、より右脳を鍛えるトレーニングに使います。

 

・トラッキング(1枚)
・エキセントリックサークル(3種)
・視野拡大(2種)
・遠近ストレッチカード(1枚)
・遠近トレーニングカード(窓型)(1枚)

眼の筋肉を柔軟にストレッチさせピント調整力を高めるトレーニングに使います。

 

・3m視力チェック表(1枚)
・視力チェック用マスク(1枚)
・ブロックストリンングス(1個)

両目の視野機能アップのために両眼バランスを整えるようにするトレーニングに使います。

 

・トレーニング・チェックシート(3か月分)
・マニュアルCD-ROM

 

出口式では、このように教材がかなり充実してます。
一見複雑そうですが、これらをすべて使う必要はなく自由に選んでトレーニングを行えばよいのです。
これは、飽きやすいお子さんにとって「今日はこれ」「明日はこれ」というように、変化のあるトレーニングとなり結果として挫折せずにトレーニングの継続・習慣化まで漕ぎつけるでしょう。

 

我々「しりかい」が評価しているのは、まさにこの「習慣化」しやすくするこのような工夫なのです♪

 

視力回復トレーニングが成功するか失敗するかの分岐点

出口式・田中式に関わらず、アイトレーニングの実践効果については次のような特徴がある事が判明しています。
3行でまとめますね。

 

・実際に視力が回復する
・数か月の地道なトレーニングが必要
・変化は数日から1週間程度で現れる場合も

 

そうなんです。視力回復の過程で最もネックになるのが「地道なトレーニングが必要」という点です。
これを解決してくれるのが「アイトレーニング」なのです。

 

公式ページ

(画像)

 

アイトレーニング(田中式)公式ページ

 

アイトレーニング(出口式)公式ページ