アイトレーニング視快研で視力回復効果が期待できる視力

アイトレーニングで視力回復が期待できる条件

(画像)

視力が下がりすぎてしまったらアイトレーニング視快研での視力回復は難しいのでしょうか。

視力検査や健康診断でメガネをすすめられたあなた。すでにメガネやコンタクトのあなた。

 

ここでは、現在の視力によって視力回復効果が変わってくるのかをみていきましょう。


あなたの裸眼での視力はどのくらいですか?

1.0を切りましたか?
0.3を切りましたか?
0.1を切りましたか?

 

レーシックを検討しているけど、怖いし手術費用もバカにできない。
ワック(視力訓練)を考えてはいるけど、通院が大変だし費用だってけっこうかかる。

 

その点アイトレーニングは手術も不要、自宅で訓練できる、なにより費用が安い。
でも、視力は本当に回復するの?

 

方法は何であれ、最終的に視力が回復しなければ意味がありません。

 

公式で明記されている視力回復の目安

実は、アイトレーニングも万能の魔法ではありません。
なんでもかんでも回復するわけではないのですね。

 

公式サイトでは、「このような場合は視力回復は期待できない」という旨の注意書きがあるので、まずはこれを確認しましょう。

 

田中式の場合

田中式では返金保証での適用条件に明記されています。

 

注意:すでにメガネ・コンタクトを使用されている方は、視力が上がっても
一瞬の使用で眼鏡・コンタクトの度に合わせて視力が戻ってしまうことがわかっております。
申し訳ございませんが、眼鏡・コンタクトを使用されている方は、
視力低下の予防の効果は十分あるので、 自己の判断で購入していただくことはもちろん可能ですが、
上記の理由により返金保証の対象から外れてしまいます。

 

田中式では「すでにメガネ・コンタクトを使用して生活している場合はトレーニングしても視力が戻ってしまう」としています。

 

これだと、すでにメガネ・コンタクトをしている人はアイ・トレーニングでは効果は望めないということでしょか?

 

出口式の場合

出口式では特に記載はありません。

 

まとめ

「裸眼の視力がとても低い場合はアイトレーニングの効果がない」というような話はありませんでした。
もとより視力が低い人が利用する教材ですし、当然といえば当然でしょうか。

 

視力が回復する理由

視力が低い場合でもアイトレーニングの効果があるのか。
それを考える前に、まず「どうして視力が回復するのか」について確認しておきましょう。

 

視力が回復するやり方

(画像)

まずアイトレーニング視快研に関連する映像を2本観てもらいましょう。
どのようなやり方で視力が回復していくのかが具体的に詳細されています。
この映像は上で説明した「日本アイ・トレーニング視快研」の視力回復技術に関するものなので、考え方は「出口式」「田中式」のどちらにも当てはまります。

 

それではどうぞ♪


 

どうでしたか?
この映像の中で、実際のトレーニングの様子が一部紹介されていましたよね。
この原理を利用して「出口式」「田中式」では大掛かりな装置や遊具を使わなくても家庭で簡単にトレーニングを再現できるような教材が準備されています。

 

どんな視力でもアイトレーニングで視力は回復する

ここまで見てきた「視力が回復する仕組み」からわかるとおり、このトレーニングは「少し目が悪い程度だから効果がある」「すごく目が悪い場合は効果がない」というものではありません。

 

唯一言えることは「トレーニングを続けた人に効果がある」という点でしょう。

 

だから、あなたが本気で視力を回復したいと願っているなら、現在の視力に関係なく視力の回復が望めます!
これは、筋トレは何歳になっても効果があるのとまったく同じことです。

 

メガネやコンタクトレンズの人の場合効果がないのか

田中式では保証対象外となっている「メガネやコンタクトレンズ」ですが、実際には効果を上げている方もいます。

 

目が悪くてもメガネでも視力が回復した口コミ

(画像)

小学6年生の時に、ゲームをやりすぎて視力低下しました。

 

中学に入学すると同時に、最初のメガネをつくり、その後
どんどん目が悪くなりました。

 

右目0.09 左目0.06 両目でも0.1以下でした。

 

このまま、どんどん視力低下していくことに恐怖すらおぼえ、
なんとか視力が少しでも上がる方法がないかと悩んでいる時に
この視力アップトレーニングのことを知りました。

 

わたしの場合、屈折度数もたかく、どこまで回復するかわからない状態でしたが、
3ヶ月で両目の視力が0.6になりました。
その後もトレーニングを続けていたところ、1年目で両目1.0まで
見えるようになり、驚いています。

 

この視力が維持できるように、これからも日常生活に気をつけていきます。

 

メガネ・コンタクトレンズに関して、田中式での保証対象外の扱いは「予防線」として設けられているのでしょう。
実際には、トレーニングの継続で効果があった事例もあるのです。

 

視力回復トレーニングが成功するか失敗するかの分岐点

出口式・田中式に関わらず、アイトレーニングの実践効果については次のような特徴がある事が判明しています。
3行でまとめますね。

 

・実際に視力が回復する
・数か月の地道なトレーニングが必要
・変化は数日から1週間程度で現れる場合も

 

視力回復の過程で最もネックになるのが「地道なトレーニングが必要」という点です。
継続できるように工夫されているのが「アイトレーニング視快研」の教材なのです。

 

さらに詳細を確認する

 

アイトレーニング(田中式)公式ページ

 

アイトレーニング(出口式)公式ページ