アイトレーニング視快研は大人にも視力回復効果があるのか

アイトレーニング視快研は大人も視力回復効果があるの?

働き出したら急に視力が下がったあなた。
会社の健康診断で視力が低下しているのを知らされたあなた。
次の運転免許証がメガネなしで更新できるか不安になってきたあなた。
お子さんが目が悪くなって、アイトレーニングを始めるので、ついでに自分もトレーニングしようと思ってるあなた。

 

大人になっちゃってからも、視力って回復するのでしょか?

 

ここでは、大人でもアイトレーニングの効果があるのかをみていきましょう。

 

視力が回復する理由

子供にアイトレーニングの効果があるのか、大人にアイトレーニングの効果があるのか。
それを考える前に、まず「どうして視力が回復するのか」について確認しておきましょう。

 

視力が回復するやり方

(画像)

まずアイトレーニング視快研に関連する映像を2本観てもらいましょう。
どのようなやり方で視力が回復していくのかが具体的に詳細されています。
この映像は上で説明した「日本アイ・トレーニング視快研」の視力回復技術に関するものなので、考え方は「出口式」「田中式」のどちらにも当てはまります。

 

それではどうぞ♪


 

どうでしたか?
この映像の中で、実際のトレーニングの様子が一部紹介されていましたよね。
この原理を利用して「出口式」「田中式」では大掛かりな装置や遊具を使わなくても家庭で簡単にトレーニングを再現できるような教材が準備されています。

 

大人でもアイトレーニングで視力は回復する

ここまで見てきた「視力が回復する仕組み」からわかるとおり、このトレーニングは「子供だから効果がある」「大人だから効果がない」というものではありません。

 

唯一言えることは「トレーニングを続けた人に効果がある」という点でしょう。

 

だから、あなたが本気で視力を回復したいと願っているなら、年齢に関係なく視力の回復が望めます!
これは、筋トレは何歳になっても効果がるのとまったく同じことです。

 

大人でも視力が回復した口コミ

(画像)

小学6年生の時に、ゲームをやりすぎて視力低下しました。

 

中学に入学すると同時に、最初のメガネをつくり、その後
どんどん目が悪くなりました。

 

右目0.09 左目0.06 両目でも0.1以下でした。

 

このまま、どんどん視力低下していくことに恐怖すらおぼえ、
なんとか視力が少しでも上がる方法がないかと悩んでいる時に
この視力アップトレーニングのことを知りました。

 

わたしの場合、屈折度数もたかく、どこまで回復するかわからない状態でしたが、
3ヶ月で両目の視力が0.6になりました。
その後もトレーニングを続けていたところ、1年目で両目1.0まで
見えるようになり、驚いています。

 

この視力が維持できるように、これからも日常生活に気をつけていきます。

 

(画像)

仕事が営業で、クルマを運転することも多く、視力低下を
なんとかしたいと思ってきました。

 

以前、ある視力回復センターにもかよっていたことがあり、
視力アップには人一倍、関心をもっていました。

 

このトレーニングは、誰でもできる簡単なものですが、
やはり、生活上のちょっとした目へのいたわり方や持続が大事だなと感じます。

 

おかげで、免許はメガネなしで通りました。
このマニュアルとトレーニングに出会えて良かったです!

 

(画像)

パソコン講師という仕事柄、1日中パソコン画面を見ていた為か、
気がついた時には、両目で見ても視力0.6になっていました。

 

もともと片目でも、1.0あった視力が、ここ3年くらいで視力低下して
しまい、次の自動車の免許更新では、メガネとあきらめていました。
たまたまインターネットで、「視力アップ」で検索して見つけたのが、
こちらのサイトでした。

 

正直、最初はこんなトレーニングで、視力がアップするのかと半信半疑な
気持ちもありましたが、開始直後からなんとなく明るく見える感じがしてきて
これは効果が期待できるぞ・・と思うようになりました。

 

そして、3ヶ月のトレーニングで、両目視力で1.0まで上がりました。
もちろん、免許更新もメガネなしで通り、ただただ感謝でいっぱいです。

 

年齢的に老眼もありますので、これからもアイトレーニングをつづけて
せっかくアップした視力を、維持していきたいと思っています。

 

視力の回復には個人差があるので、効果を保証するわけではないですけど「もう大人がから・・・」と最初からあきらめる必要はまったくありません!

 

視力回復トレーニングが成功するか失敗するかの分岐点

出口式・田中式に関わらず、アイトレーニングの実践効果については次のような特徴がある事が判明しています。
3行でまとめますね。

 

・実際に視力が回復する
・数か月の地道なトレーニングが必要
・変化は数日から1週間程度で現れる場合も

 

視力回復の過程で最もネックになるのが「地道なトレーニングが必要」という点です。
これを解決したのが「アイトレーニング視快研」の教材なのです。

 

さらに詳細を確認する

 

アイトレーニング(田中式)公式ページ

 

アイトレーニング(出口式)公式ページ