アイトレーニング視快研、田中謹也式、視力回復の理由

アイトレーニング視快研(田中謹也式)わかりやすく視力が回復する理由をお話します

我々「しりかい」では、ネットで購入可能な視力回復教材でおそらくもっとも普及しているのは「アイ・トレーニング視快研(田中式)」と考えています。テレビへの露出などで知名度があるからです。

 

それではなぜ「田中式」では視力が回復することが期待できるのでしょうか。
今から、その理由をわかりやすくお話しますね。

 

田中式と出口式

これは我々「しりかい」が集めた情報を基にした推測なのですが、まず基礎となる視力回復技術を開発し、実店舗をフランチャイズ展開しているのが「日本アイ・トレーニング視快研」です。

 

そして、それをネットに販路を広げたのが今回の「田中式」。
田中式を独自に発展させたものが「出口式」。

 

と我々「しりかい」では把握しています。
図にするとこんな感じでしょうか。

 

(画像)

 

「日本アイ・トレーニング視快研」がもともとの視力回復技術「アイトレーニング」を開発。実店舗にて生徒を集めて実践を行っています。全国にフランチャイズ展開しているようです。

 

あるとき田中氏が、この技術を店舗だけではなく通販でも行えるように「田中式」を整備したものと思われます。
ですので、田中式は基本的にアイトレーニングとイコールだと考えられます。

 

その後、出口氏がアイトレーニングを独自に発展させ「出口式」として販売していると推測。出口式は、アイトレーニング+αの存在だと考えています。

 

いずれにしても根底は同じく視力回復技術「アイトレーニング」です。

 

視力が回復する理由

治療ではなくトレーニング

「アイトレーニング」は、その名前の通りトレーニングです。
治療ではなくトレーニングだという事を強く意識しましょう。

 

風邪をひいたときみたいに、薬やサプリを飲んで暖かくして寝れば勝手に視力が回復するというものではないのですね。
ダイエットのように日々の運動や生活習慣の改善など、総合的な活動の結果として視力が回復するわけなのです。

 

つまり!本人の努力が必要不可欠なのです。
視力回復が失敗する人は、まずここに気が付いていません。

 

視力回復を担う、筋トレと脳トレ

視力を構成するのは、目の周りの筋肉と映像を処理する脳の2つです。
「アイトレーニング」は、筋トレと脳トレの双方からアプローチして、視力回復へ導きます。

 

挫折しない工夫がアイトレーニングの価値

毎日の地道なトレーニングは、子供はもとより大人でも飽きてしまうもの。
そして、少しずつさぼりだして結局挫折してしまうのです。ありますよね、そいうの(汗)

 

視力回復でもっとも大事なことは「継続すること」なんです。
逆に言えば継続して「習慣化」に成功してしまえば、結果は勝手についてくるでしょう。
「継続できる」工夫を凝らしている点が「アイトレーニング」の真価といえます♪

 

視力回復トレーニングが成功するか失敗するかの分岐点

出口式・田中式に関わらず、アイトレーニングの実践効果については次のような特徴がある事が判明しています。
3行でまとめますね。

 

・実際に視力が回復する
・数か月の地道なトレーニングが必要
・変化は数日から1週間程度で現れる場合も

 

そうなんです。視力回復の過程で最もネックになるのが「地道なトレーニングが必要」という点です。
これを解決するのが「アイトレーニング」です。

 

さらに詳細を確認する

 

アイトレーニング(田中式)公式ページ

 

アイトレーニング(出口式)公式ページ