出口式アイトレーニング視快研の評判。田中式との違い

出口式アイトレーニング視快研の評判。田中式とどう違う?

ネットで購入可能なアイ・トレーニング視快研の教材は、出口式と田中式の2種類があります。テレビへの露出などで知名度は「田中式」が上ですけど、我々「しりかい」では「出口式」を高く評価しています。田中式とどうちがうのでしょうか。そして、実際に出口式の評判を見ていきましょう。

 

出口式と田中式?

まず、この2種類の教材の関係を整理しましょう。
これは我々「しりかい」が集めた情報を基にした推測なのですが、まず基礎となる視力回復技術を開発し、実店舗をフランチャイズ展開しているのが「日本アイ・トレーニング視快研」です。

 

そして、それをネットに販路を広げたのが「田中式」
田中式を独自に発展させたものが「出口式」。

 

と我々「しりかい」では把握しています。
図にするとこんな感じでしょうか。

 

(画像)

 

「日本アイ・トレーニング視快研」がもともとの視力回復技術「アイトレーニング」を開発。実店舗にて生徒を集めて実践を行っています。全国にフランチャイズ展開しているようです。

 

あるとき田中氏が、この技術を店舗だけではなく通販でも行えるように「田中式」を整備したものと思われます。
ですので、田中式は基本的にアイトレーニングとイコールだと考えられます。

 

その後、出口氏がアイトレーニングを独自に発展させ「出口式」として販売していると推測。出口式は、アイトレーニング+αの存在だと考えています。

 

出口式と田中式の違い

先発の「田中式」は基本に忠実なシンプルな教材
後発の「出口式」は基礎+応用の充実した教材を展開。
どちらも利用者の評判は良いです。

 

出口式アイトレーニング視快研の評判

利用者の評判として代表的なものを2つ取り上げますね。

 

(画像)

 

(画像)

 

特に2つ目の評判に注目です。
「子供は飽きやすいから、たくさんの教材からその日好きなものを1つ実践」です。

 

実は我々「しりかい」が出口式を評価しているのはこの点です。

 

「しりかい」ではなぜ「出口式」を評価しているのか

出口式・田中式に関わらず、アイトレーニングの実践効果については次のような特徴がある事が判明しています。
3行でまとめますね。

 

  • 実際に視力が回復する
  • 数か月の地道なトレーニングが必要
  • 変化は数日から1週間程度で現れる場合も

 

視力回復の過程で最もネックになるのが「地道なトレーニングが必要」という点です。
逆にいえば、途中で挫折さえしなければほぼ確実に視力が回復するということでしょう。

 

出口式は、豊富な教材で飽きさせることなくトレーニングを継続できるという点で優れていると評価しています。

 

筋トレも脳トレもダイエットも継続しなければ結果が出ないのは、

 

(画像)
あなたもよく知っていますよね?

 

次、どうします?

 

田中式の情報を集める

 

出口式の情報を集める

 

実際に効果があるのか自ら実践する(田中式)

 

実際に効果があるのか自ら実践する(出口式)

 

作戦本部に戻る